スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕面森町まで徒歩で


こんにちは。
お久しぶりです。4月1日からJRでは、ドア閉め確認ブザーを鳴らすようになりましたが(←題名とまったく関係ない)
以前は、車掌がドアを閉める→運転台のランプがつく→運転士は、それを確認し、発車。となっておりましたが、
JR西日本全域で、ドアを閉める→車掌がドアが閉まり、安全を確認し、連絡ブザーを押す→それを聞いて運転士が動かす。
というように変更になりました。関西各私鉄では、以前からその方式ですので、JRも安全を考慮してということでしょう。

さて、上の写真は、私、お気に入りの裏山の展望台で、「望遠海展望台」と言います。
名前のとおり、双眼鏡でのぞくと、遠方に海、航海中の船をながめることができます。
目の前には、大阪空港、天気が良ければ、関西空港、神戸空港も見ることができます。
そういうわけで、航空無線を片手に、2~3時間ほどいるということも少なくなく…
ただ、到着までが一苦労でして、383段の階段で、一気に200メートルほど登る道か、急カーブが多くて見通しの悪い車道からになります。
前者は、しんどく、後者は、車に轢かれる可能性が…

で、題名ですね。
4月3日に、ヒマ?があったので、徒歩で箕面から箕面森町まで行ってきました。
箕面森町(みのおしんまち)と読み、新町と森の町をかけたシャレのようなネーミングです。
ここの宅地開発の事業主は、大阪府であります。

自宅近くの箕面駅から、前述のハイキング道を通って、上記の展望台に。
しばし、休憩したあと、去年4月に崩落して、いまだ車両通行止めの才ガ原林道へ。
崩落した当初、現場は、しっかりとビニールシートでおおわれていましたが、1年も経過したということで、シートは、ビリビリになり、そこには、人の頭ほどの岩がいくつか落ちておりました。
直撃されれば、確実に死んでしまうので、さっさと現場をあとにしました。(なので写真は、ありません)
そのまま林道を通過して、ビジターセンター~箕面川ダムに到着。ダムについては、また紹介することもあろうかと思います。
箕面周辺の山には、ハイキング客も多いということで、ここ1年の間に、こんなのが取り付けられました。

救急車を要請するときの現在ポイントを示すものです。
自分は、B1、B6、B9、B10、B11、E6、E8、H5を見つけましたが、こんなことをされると、全部探したくなってしまいます…困ったもんだ…(消防本部に問い合わせれば、他がどこにあるのかわかるのでしょうけど、あくまでも、自分で探してみたかったり…)

車道を1時間ぐらい歩いていると、分岐に到達します。左が池田へ下る、五月山ドライブウェイ、右が止止呂美方面への林道で、当然、林道の方を歩き、テクテクテクテク…
舗装はされていますが、やはり、林道級の道でそんなに整備はされていません。車もほとんど来ません。
道は、一回も登るということなく、下りばかり。
40分ほどで、止止呂美の集落に到達。ここから、ピカピカの道路を通って、森町地区に入っていきます。
今度は、最後まですべて登りで、小中一貫で有名?な真新しい学校を見て、宅地販売の拠点である、森町センターに到着。
ここまで、箕面駅から4時間10分かかりました。
地形図で距離をはかると、約20キロ。
まあまあのペースかな。

周りには、土砂が積みあがっいるところもあり、開発中というのがありありとわかる状態でした。
宅地の周りを一周して、バス停の終点の近隣公園まで歩いてみました。
ざっと見たところ、住宅は300軒ほど?
山々の中に夕日が沈んでいきます。久しぶりに、ホントの夕焼けを見たような気が…




携帯カメラでは、みにくいでしょうがご了承ください。

帰りは、バスで千里中央へ。センターからは、毎時3本ほど設定されています。行き先は、すべて千里中央。
大阪府が事業をやっているので、まだ、乗客は、すくないながらも、バス本数は、確保されているようです。

せっかくなので、始発の近隣公園から乗車。ここからの便は、1時間に1本程度ですが、歩いてセンターまで行っても10分もかからないので、これで十分なのでしょう。
センター発着のバスも車庫が近隣公園の先にあるので、結局は、センターからここまで、または、ここからセンターまで回送で走っています。

車庫から出てきたバスに乗り、宅地の周りをまわって、センターに。
乗客は、私を除いて、始発から1人、センターから2人。
さらに、先ほどの小中学校を見ながら、止止呂美へ下っていきます。
中止止呂美から2人が乗車し、乗車は、終了。降車はなしで、トンネル(箕面有料道路:2007年開通)
に突入。
片側1車線なので、追い抜かされることもなく、5分ほどで、白島へ。
ちなみに、このバスのトンネルより大阪側の停車は、白島と終点のみ。しかも、下車のみ。
白島では、降車はなく、新御堂の高架にあがって、一気に千里中央まで。
時計を確認して、ビックリ!所要25分。
いやぁ、4時間かけて歩いたのに、たった25分って…やはり、トンネル効果は、大きいようでした。
(トンネルのせいで箕面大滝の水量が減ったなどの批判はあるようですが。)
これで運賃は、400円。
う~ん、まあまあかな?

そういう一日でした。
では、また次回…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。