スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼく官3 関空



こんにちは、近畿輸送指令です。
2日も更新が飛んでしまいました。
それでは、前の続き、「ぼくは航空管制官3」について、少しばかり…

前作の新千歳を梅田のヨドバシカメラで発見したのが購入のきっかけ。
もともと、飛行機に興味がなかったかといえば、そんなことはないのですが、
知識的には、一般人程度で、機種とかもさっぱりでした。

さっそく新千歳を購入してみると、操作は、簡単なのですが、
かなり頭を使います。
それもそのはずで、ディスパッチャー・タワー・グランド・デリバリー・アプローチと、
本来は、5人いや、それ以上ですることを一人でやっていますし、時間軸も3倍速になっているので、
てんやわんや!です。

しかしながら、ハマルというのは、恐ろしいことでして、どんどんのめりこんでいきます。
なんか、でも、このゲームをしてみて、実生活でも、計画性とか、そういうものをたてるようになりました。
最初に何をすれば効率がいいか、ということですが。
例えば、洗濯・掃除・布団干し・食器洗いとあって、何から始めるか。
以前なら、前からひとつひとつやっていたような感じでしたが、
最初に考え、まず洗濯機を回す、その間に食器を洗い、布団を外に、干したころに洗濯ものが出来上がるから
それを外に干し、掃除をする。
というように日々の行動に計画性を持たせられるようになりました。あんまりたとえになってないな…

新千歳でハマッタわけですが、次のが出る、しかも関空ということで、さっそく購入。
なんか、難易度が新千歳よりも上がったような…
知事もいろいろ行ってます通り、関西には、神戸・伊丹空港というものもありまして、神戸・伊丹・関空は、
飛行機でみると、非常に近接しているということで、関空では、伊丹・神戸からの出発便、そこへの到着便も扱います。
レーダー画面を見ながら、この飛行機は、どこへ行くのか・他の飛行機とぶつからないかと考えながら、指示を出すわけです。
さらに、さらに、新たに追加された高度指示機能。
同じ地点をめがけて同時に2つ、いや3つもあったけど…の飛行機が飛んできます。
当然、同じ高さで飛ばしていたら、ぶつかるので、降下指示を出すのですが、指示を出せるタイミングも限られていまして…いやぁ、なかなか。
まだ、あります!これは、エキスパートモードの話ですが…
ノーマルモードからエキスパートモードになると、出発許可を出すときに、飛ぶ方向を正しく選択しなければなりません。
新千歳の方は、飛んでいく便がだいたい国内なので、どっちに飛ぶか理解できてました。
(一応、小学校の社会は、まじめにやっていたので、日本地図は、頭に入っております。)
わからないといえば、ユジノサハリンスクぐらいでした。(樺太みたいです。つまり、北。)
しかし!さすが、国際色豊かな関空のこと、正直、初めてでは、わから~ん。
(当然、何回かやるうちに覚えますケド)
なんで、フランスやフィンランド行くのに、東に出発するんだ~!!
そんなん知らんやないか。どこにも書いてへんし。
アモイってどこ?中国なのは、わかるから、西なのはわかるけど、西でも3コースあって、そのうちどれなんだ~?
とかとか。

そういうわけで、最初は、正距方位地図を横に置いてやるも、撃沈。
2回目、降下指示を出していなくて、見てないところで激突。
3回目…以下自粛。 気になった方は、ぜひどうぞ。

突然ですが!
今日が、JR2009年度ダイヤ最終日、明日が、阪急現行ダイヤ最終日ですね。
明日は、使い古した阪急版ダイヤグラムを紹介したいと思います。

では、近畿輸送指令でした。また明日。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。