スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海ラピートを見て


こんにちは、近畿輸送指令です。
今日は、特に何もなく、どこへも行かず、自宅警備をしていました。
というか、しています。

昨日の記事には、書きませんでしたが、久しぶりに、ラピートを見ました。天下茶屋で。
純粋にかっこいいなぁ~と思ってしまいました。

私は、ラピートには、2回乗っております。
関空には、6回ほどいったのかな?はい。94年の開港後すぐに、ハワイに行ったのが最初です。
あの時、たしか3歳…それでも、若干の記憶は、あるんですが。

話戻して、ラピートでしたね。1回目は、叔母のドイツ転勤の見送りの帰りに関空→難波で第5編成にお世話になり、
2回目が、弟の見送りで、上の写真の第1編成に難波→関空でお世話になりました。
相変わらず、技術がないころの写真なので、側面がテカッてたりして、見ずらいのは申し訳ないのですが。

この50000系の特徴は、加速の良さ。と、インバーターの音の良さ。
すばらしい加速で、初めて乗ったときには、びっくりでした。
関空駅をでて、連絡橋にさしかかるころには、すでにトップスピードまで上がっています。
ラピートは、難波時点で、空港急行の5分後に発車。岸和田でその空港急行を抜かすため、空港急行とそんなに
所要時間の差は、ありません。
しかしながら、設備の点では十分で、快適ですし、これで特急料金500円なら満足です。
対する「はるか」の方は、京都までで運賃と合わせて、3500円近くいりますし、その割には、貨物線を通るからそんなに早くないし…そのことを知らない観光客ぐらいしか使わないかなぁと。
まあ、減便も仕方ないのかと思う次第であります。

しかも、ラピート・はるかの相手には、車というのもあり、事は複雑なようです。
下の画像は、関空からの帰りにリムジンバスから撮影した夕日。
海の上にあるので、きれいな夕日が特徴。
明日は、関空のゲームについてでも語ろうかと思います。他に何もなければ。それでは!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。