スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型特殊免許


こんにちは。
取得記を年内に完成させるとか書いていますが、今回は、大型特殊自動車免許の取得記です。
あ、画像は、wikipedia の転載です。
自分で画像が撮れなかったもので…

大型特殊自動車(通称:大特)の教習時間は、6時間です。
すでに普通免許があるので、技能だけです。
乗ったのは、上の車両。実は、大特は、そもそもの定義があいまいで、免許試験場の使用車両も様々です。
大阪府在住ですが、兵庫県の教習所で取得したので、この車両になりました。

中折れ式と言い、ハンドルをきると、真ん中の支点を中心に前後が同じだけ動きます。
内輪差・外輪差は、全く考慮しなくてよく、普通車のS字にも余裕で入れます。

大特には、方向変換の課題がありますが、車庫のスペースに余裕があることと、かなり小回りがきくことにより、
なんら問題なく、卒業検定(修了検定はない)の後も特に何も注意されず、終了。
「もう少し長く乗っていたかった」というのが率直な感想です。

翌日、門真の大阪府免許センターに行き、ちゃっちゃと申請、昼すぎに免許の交付を受けました。
これで、クレーン車・ブルドーザーをはじめ、特殊な構造をもつ車を公道で走らせることのできる資格を得ました。(ちなみに、作業するには、別の資格が必要)

免許をもらった次の日には、フォークリフト資格を受講したのですが、その話は、また後日。
さて、次は、何の免許を取ろうか…
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。