スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦市交通局

どうも、こんばんは。
更新がだいぶん飛んでしまい、申し訳ありません。

昨日(25日)は、卒業記念運転ということで、三浦市(氏)交通局に乗ってきました。
いろいろなネットのサイトでも話題になっているようなので、少しばかり解説すると…
運転士さんは、高校の先生です。どこの高校かは言えません。
ええと、バスは、見ての通り、自家用扱いです。
それから、どこかのスレで「今日は、水曜日だぞ。今、流行中の5月病か!?」というのがありましたので、
お答えすると、私の学校は、土曜にも授業があり、先生方は、週6日勤務だと、労働基準法違反になる?ので、
週のなかで学校に来ない日を自由に設定できます。運転士さんの場合、これが水曜日なので、その日は、フリー
というわけです。
(ま、今は、春休みなので、何曜日であろうと目撃できるかなと思いますが…)

さて、昨日は、京都駅前~向島~奈良公園~平城京~法隆寺~交野~JR津田~枚方市~JR高槻というルートをたどりました。
まず、京都から南に進路を取り、奈良を目指します。
座席もすべて貼り替えてあり、快適です。
参加人数は、今年卒業の生徒8名と別の先生が1名、それから運転士さんでした。
外は、雨で景色もかすんであまり見えないということで、フリートークでワイワイ。
向島で休憩をとり、昼前に奈良公園に到着。
1時間ほどの間に、鹿と戯れ、写真撮影をし、平城京へ移動。

奈良公園駐車場にて

各社の観光バスとのサイドビュー。こうしてみると、古さがでますねぇ~

平城京に到着し、向かった先は、近鉄の有名撮影地。
しかしながら、あいにくの雨のため、線路からかなり離れて、側面を中心に撮りました。
短時間の間に、ピカピカの新型特急車やら、廃車寸前の車両やら、結構な収穫がありました。
ここで集合写真を撮り、再び移動。
法隆寺の前を通り、近鉄生駒線に沿うようにして、交野市へ向かいます。
途中、道の駅で休憩。
ここで、雨がやんだので、友達が苦労して作ってきた、ヘッドマーク(通称:カン、あるいは、HM)をつけて撮影会が行われました。







最後に京阪特急の象徴である「はとマーク」をつけました。(このバスは、元京阪関連会社のバスであるため)

撮影会も無事に終了し、JR津田を目指し、走り出します。
撮影会のお次は、演奏会。実は、管理人、楽器を持って行きました。

バスのなかで弾くとどうなるのか?という興味本位です。
結論、揺れるバスの車内で演奏することは、難しい。左手については、問題ないのですが、右手の力加減を揺れに合わせて変えなければならない…
う~ん、難しかった。ホントに。
そういうわけで、3曲ほど弾いた後は、トークと車窓を眺めます。
岩船神社付近では、細いウネウネ道が出てきて、(管理人は、こういう道が大好きなので)興奮。
津田駅から先は、帰宅ラッシュの時間に入り、バス停にも多数の人が…
「なんなんだ、このバス!?」みたいな視線が多数飛んできます。
この道も、バス路線にしては貧弱な道でしたが、こちらの運転士さんは、お上手で、難なくバスと対向していきます。
聞けば、今日が308回目の運転だそう。すごいですの一言です。
多数の京阪バスのいる枚方市に到着。
それらを横眼に見ながら、枚方大橋へ。
ついにラストコースです。
この枚方大橋のループ(360度、くるりと回る道)も大好き。わくわくしながら車窓を眺め、国道170号線へ。
辻子の新幹線をくぐって、阪急高槻下車の生徒を降ろして、JR高槻に着きました。
お礼を言って、手を振って見送り、われわれは、そのままマクドナルドへ。
軽く食べて、雑談してから帰宅しました。

所要時間は、途中休憩・観光を含めて9時間ほど。
路線バスにこんなに長いこと乗ったのは初めてです。
古いバスということで、もっと揺れるのかなと思ってましたが、新型の路線バスとかと、特には、変わらない感じで、手入れの良さが感じられました。

趣味をとことん極めるというのもいいことだなぁと感じた1日でした。

では、また更新が開くかもしれませんが…近畿輸送指令でした。



スポンサーサイト

趣味①


こんにちは。近畿輸送指令です。
朝から、近畿地方では、黄砂が飛んでおり、こちらでも、千里中央のタワーが見えなくなる程度
(視界10キロ以下?)になっておりました。
昼からは、京阪の伏見稲荷、阪急神戸線の塚口~武庫之荘でそれぞれ事故、
阪急宝塚線が飛来物がひっかかったとかで止まっておりました。

一方、こちらはというと、最近、活動もしていないし、かといって更新しないのもアレなんで、
楽器について書かせていただきます。

上のが、自分の楽器です。見ての通り、ヴァイオリンです。
1892年、ドイツ製で、かなり傷もあります。(自分がつけたのではなく…)
木管や金管楽器は、また違いますが、弦楽器というものは、年月が経つほど音が良くなります。
良くなる?いや、丸くなるというべきか…
これは、木の中にある水分が長い時間を経て、乾燥し、振動を伝えやすくなるからで、
ヴァイオリンでは、作ってから約60年以上たったものを「オールド」と言います。
ただ、日本は、雨が多く=湿度が高く、保存するには、不向きな土地柄でもあります。

弦を松脂のついた毛でこすって、摩擦を生じさせるという単純た方法で音を出しているわけですが、
これがかなり響くもので、吹き抜けになっているリビングで弾いていると、(当然、窓を閉めて)
80~100メートルぐらい先からでも聞こえます。
できるだけ、平日の昼間の人のいない時間に弾いています。

さて、明日から、緑地公園・江坂と家を往復する日々が始まります。
つまり、予備校に通います。(←最初からそう言え!)
どんなものになるのか…また、何か、特別なことがあればこちらにも載せますので。
ではでは、また。

運用調査


こんにちは、近畿輸送指令です。
上の写真は、引退した6354とこれから活躍するであろう9304の並び。高槻市にて。

突然ですが、パソコンが壊れかけです。
パソコンについて、そんなに詳しくはないのですが、なにやら、いやな予感がします。
PDFファイルが開けなかったり、データが飛んでたり、音声がきれいに流れてなかったり…
「新しいのに買いかえれば?」「いえいえ、そうしたいとこですが、お金がねぇ…」
そういうことで、更新頻度が低くなるかもしれません。

さて、昨日は、久しぶりに阪急電車で学校へ行ってきました。
目的は、運用調査と学校への顔だし。
朝から、淡路駅に赴き、制服でベンチに座って2時間…
「こいつ、ずる休みか!?」みたいな目線が飛んできます。
管理人は、もう卒業していますので。はい。

調査の結果、わかったこと。
回送が増えすぎていること、ぐらいですか。
それさえ分かれば、これまでと同じような感じでいけるでしょう。
試運転の時間は、これまでと変わらずでした。

それでは、ではでは、また。

こんばんは。近畿輸送指令です。
今日は、摂津市駅と運用調査に行ってきました。
まず、運用調査。
北千里にいました。9:05に入ってきた車両が、そのまま3号線へ。そして、留置。今日は、3326でした。



その後、115キロを体験。ちょうど、9303カーボンニュートラルトレインが来ました。
115キロでも、あんまり変わらんなぁ~という印象。
そのまま桂へ。
一回転するまで、桂待機。その間に、9303を撮影。(前面は、フィルムカメラで撮影しましたので、後ろだけ)




カンのアップ。

補足:準急スジは、かなり余裕がなくなっているようで。
   乗務員氏たちは、異口同音に「余裕ないなぁ~」とか、「いじめやなぁ」とかコメントしておられました。
   
   あと、10連出庫が2本になるようです。すでに、8連と連結して10連にされ、車庫に留置されていました。

今日は、徹夜だったので、眠いです。では、また…近畿輸送指令でした。


ありがとう、第2版ダイヤグラム


本日、阪急京都線は、2007年から続くダイヤの最終日を迎えました。

なぜ?日曜に改正するのか?それは、当然、新駅が開業するにあたり、大安がいいからでしょう。
今回、新駅のなかったJRは、今日、ダイヤ改正でした。
まあ、今回の大きな目玉となった、学研都市線で改正前日、しかも4両区間で事故が起きたのはなんとも言えませんが。

話を戻して、阪急は、新車をおろすときも、大安を選ぶことで有名?です。特に、大安の木曜日か土曜日のことが多い。

すでに、千里線・嵐山線のダイヤグラムはできておりますが、堺筋線のポケット時刻表が手に入らないので、公開できない次第です。
さて、今日は、第2版についてお話します。
阪急京都線の2作目、初のびょうぶ折りになりました。
運番は、作成時には、入っておらず、あとで下につけたしました。
改正日は、07年3月17日、完成日は、07年10月23日となっていて、今のように、このころは、スピード編集では、ありませんでしたが、まあまあです。ダイヤグラムに興味を持ったのもこの時期です。

今日まで2年半、使ってきたので、各所がボロボロ…
しかし、幾度となくこのダイヤグラムに助けられたことか…これのおかげで、試運転の並び@高槻市や、
数々の珍しい場面を撮ることもできました。
さらに!今日。
9305Fが日中の準急にはいっているという情報が!
私の予想は、正しかったのだ~
私の予想では、長岡天神4号線留置が新ダイヤから9300系になると考えておりました。
それをどうやって、送り込むかなぁ?夜間回送かなぁ?と思っていたら、
何のことはない、堂々と長岡4号留置のスジにいれてきましたか。
スジをたどると、日中準急→一往復特急→桂普通→長岡回送みたいです。

話がそれてる!はい、すみません。m(__)m
このダイヤグラムは、京都線の変換期を見てきたような気がします。
これができたころは、6300系は、いつでも、見れ、乗れ…
しかし、2008年7月7日のダイヤ修正で半分程度に減り、それからさらに数を減らし…
2009年2月・3月、本線でパターン試運転。変則スジで運転。
2009年4月2日からは、6300系3編成が嵐山へ。
2009年5月、南茨木でパターンATSの試験運用がスタート。
2009年8月~、随時、他の駅でもパターン対応に。
2010年、6300系本線定期運用から引退。
という激動の?3年間だったと思います。


使っていた今日までのダイヤグラム(部分)

平日の裏には、土休日版

最後まで6300系であることが多かった、長岡で試運転と並ぶスジ。

記念すべき第1版は、また後日、ご紹介します。
それでは~近畿輸送指令でした。 明日は、運用調査してから、所要で堺へ行ってきます。

お詫び

前のダイヤグラムで、平日梅田発17:03準急のスジが完全に消し飛んでおりました。
その他にも、パターンダイヤの時間帯で一部区間が消滅してしまっているスジがございます。

大変、失礼しました。
なお、印刷された方は、御面倒でも、記入していただけましたら幸いです。

それから、カウンターを入れるのを忘れていました…
今更ながら、入れさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

ぼく官3 関空



こんにちは、近畿輸送指令です。
2日も更新が飛んでしまいました。
それでは、前の続き、「ぼくは航空管制官3」について、少しばかり…

前作の新千歳を梅田のヨドバシカメラで発見したのが購入のきっかけ。
もともと、飛行機に興味がなかったかといえば、そんなことはないのですが、
知識的には、一般人程度で、機種とかもさっぱりでした。

さっそく新千歳を購入してみると、操作は、簡単なのですが、
かなり頭を使います。
それもそのはずで、ディスパッチャー・タワー・グランド・デリバリー・アプローチと、
本来は、5人いや、それ以上ですることを一人でやっていますし、時間軸も3倍速になっているので、
てんやわんや!です。

しかしながら、ハマルというのは、恐ろしいことでして、どんどんのめりこんでいきます。
なんか、でも、このゲームをしてみて、実生活でも、計画性とか、そういうものをたてるようになりました。
最初に何をすれば効率がいいか、ということですが。
例えば、洗濯・掃除・布団干し・食器洗いとあって、何から始めるか。
以前なら、前からひとつひとつやっていたような感じでしたが、
最初に考え、まず洗濯機を回す、その間に食器を洗い、布団を外に、干したころに洗濯ものが出来上がるから
それを外に干し、掃除をする。
というように日々の行動に計画性を持たせられるようになりました。あんまりたとえになってないな…

新千歳でハマッタわけですが、次のが出る、しかも関空ということで、さっそく購入。
なんか、難易度が新千歳よりも上がったような…
知事もいろいろ行ってます通り、関西には、神戸・伊丹空港というものもありまして、神戸・伊丹・関空は、
飛行機でみると、非常に近接しているということで、関空では、伊丹・神戸からの出発便、そこへの到着便も扱います。
レーダー画面を見ながら、この飛行機は、どこへ行くのか・他の飛行機とぶつからないかと考えながら、指示を出すわけです。
さらに、さらに、新たに追加された高度指示機能。
同じ地点をめがけて同時に2つ、いや3つもあったけど…の飛行機が飛んできます。
当然、同じ高さで飛ばしていたら、ぶつかるので、降下指示を出すのですが、指示を出せるタイミングも限られていまして…いやぁ、なかなか。
まだ、あります!これは、エキスパートモードの話ですが…
ノーマルモードからエキスパートモードになると、出発許可を出すときに、飛ぶ方向を正しく選択しなければなりません。
新千歳の方は、飛んでいく便がだいたい国内なので、どっちに飛ぶか理解できてました。
(一応、小学校の社会は、まじめにやっていたので、日本地図は、頭に入っております。)
わからないといえば、ユジノサハリンスクぐらいでした。(樺太みたいです。つまり、北。)
しかし!さすが、国際色豊かな関空のこと、正直、初めてでは、わから~ん。
(当然、何回かやるうちに覚えますケド)
なんで、フランスやフィンランド行くのに、東に出発するんだ~!!
そんなん知らんやないか。どこにも書いてへんし。
アモイってどこ?中国なのは、わかるから、西なのはわかるけど、西でも3コースあって、そのうちどれなんだ~?
とかとか。

そういうわけで、最初は、正距方位地図を横に置いてやるも、撃沈。
2回目、降下指示を出していなくて、見てないところで激突。
3回目…以下自粛。 気になった方は、ぜひどうぞ。

突然ですが!
今日が、JR2009年度ダイヤ最終日、明日が、阪急現行ダイヤ最終日ですね。
明日は、使い古した阪急版ダイヤグラムを紹介したいと思います。

では、近畿輸送指令でした。また明日。

南海ラピートを見て


こんにちは、近畿輸送指令です。
今日は、特に何もなく、どこへも行かず、自宅警備をしていました。
というか、しています。

昨日の記事には、書きませんでしたが、久しぶりに、ラピートを見ました。天下茶屋で。
純粋にかっこいいなぁ~と思ってしまいました。

私は、ラピートには、2回乗っております。
関空には、6回ほどいったのかな?はい。94年の開港後すぐに、ハワイに行ったのが最初です。
あの時、たしか3歳…それでも、若干の記憶は、あるんですが。

話戻して、ラピートでしたね。1回目は、叔母のドイツ転勤の見送りの帰りに関空→難波で第5編成にお世話になり、
2回目が、弟の見送りで、上の写真の第1編成に難波→関空でお世話になりました。
相変わらず、技術がないころの写真なので、側面がテカッてたりして、見ずらいのは申し訳ないのですが。

この50000系の特徴は、加速の良さ。と、インバーターの音の良さ。
すばらしい加速で、初めて乗ったときには、びっくりでした。
関空駅をでて、連絡橋にさしかかるころには、すでにトップスピードまで上がっています。
ラピートは、難波時点で、空港急行の5分後に発車。岸和田でその空港急行を抜かすため、空港急行とそんなに
所要時間の差は、ありません。
しかしながら、設備の点では十分で、快適ですし、これで特急料金500円なら満足です。
対する「はるか」の方は、京都までで運賃と合わせて、3500円近くいりますし、その割には、貨物線を通るからそんなに早くないし…そのことを知らない観光客ぐらいしか使わないかなぁと。
まあ、減便も仕方ないのかと思う次第であります。

しかも、ラピート・はるかの相手には、車というのもあり、事は複雑なようです。
下の画像は、関空からの帰りにリムジンバスから撮影した夕日。
海の上にあるので、きれいな夕日が特徴。
明日は、関空のゲームについてでも語ろうかと思います。他に何もなければ。それでは!



なかもずへ

こんばんは。近畿輸送指令です。
へとへとに疲れているので、文章だけにさせてください。

今日は、入試でなかもずまで行ってきました。
受験生だったり、大学入試業界の方ならばこれだけでどこの大学かわかるかもしれませんが。

最寄りの箕面駅から、バスで千里中央へ。
ここで、初!急行バスデビュー!あっ、私がってことですよ。
このバス、途中の白島(はくのしま)から終点まで停まりません。

乗車。箕面では、半数の座席が埋まっている程度でしたが、どんどん乗ってきます。
白島までは、道路が1.5~2車線で、当然向こうから反対向きのバスがきたりもしますから、大変です。
無線で連絡を取り合いながら、そろりそろりと進んでいきます。
そして、白島に停車。で、この後、なんと!バスは、新御堂(R423の自動車専用道路)に上がっていきます。
さすが急行!これまで20キロ程度で走ってきたのが、一気に60キロまで上がります。
そのまま5分ほど走って、あっけなく千里中央到着。

ここで、北大阪急行に乗り換えます。始発駅なので、並んでいる人も結構いたのですが、
朝は、4分間隔の運転なので、列のできているホームの反対側で次々発を待ちます。
来たのは、10系の更新車。着席しましたが、狭いです。阪急の座席に比べるとかなり狭いです。
まあいい、目的地は、終点。は~い、ここで、初!御堂筋線全線乗りとおし!
全区間乗ったことはあるけど、乗り通したことはないんです。
全線乗り通すと、1時間弱かかります。駅数は、23駅。
長い!長居!違いますね。
しかし、さすが大阪の大動脈、御堂筋線です。駅ごとにドアが閉まらず、再開閉スイッチを何回も扱って、ようやく閉めるという感じでした。

で、ついたのですが。人だらけ。すごい人でした。
試験は?ええ、数学がまあまあ難しかったです。
他は?ええ、物理がやばいかなです。

帰りは、南海で天下茶屋へ出てみました。
準急のことを「準急行」と言ったり、整列乗車ということを知らないらしかったり。
めったに乗らない路線ですから、感じることも多かったです。

天下茶屋へ行ったわけは、堺筋線のポケット時刻表。
ネットを見ても改正後のダイヤは発表されていないので、駅なら、ポケット時刻表を配ってるだろうと聞いてみると、
「すいません、まだ来てないんです…」
なんだとーコゥラァァァ!なんで改正の一週間前になっても時刻表が来とらんねん!
と言いたい気持ちを抑えて、「ああ、そうですか、ありがとうございます~」と言ってしまいました。

しかたがないので、そのまま動物園前で御堂筋線に乗り換えて、帰ってきました。
うん、大変な一日だった。
では、また。Good Night

運用予想


だいぶん、昔の画像でして、このころは、まだ技術もなく、申し訳ありません。
適当な写真がなかったもので。

どうも、こんにちは、輸送指令近畿です。
あ、逆転してる。無線の聞きすぎですね。「オールニッポン近畿です、どうぞ~」
とかいうのを聞いてたもので。

さて、今日は、何をしていましたかというと、運用予想。
もう、本当にニートみたいになってます。
予想なので、おそらく、間違いもありますし、特急運用だけやってみたので、
また全体を見れば変わってくるかもしれません。
以下の記事は、それを前提にして読んでくださいね。

まず~、なんか、朝の快速は、全部9300になりそうな…予想ですが。
快速1便は、桂から回送か、長岡4留置からということですが、長岡から出そうな予感。
快速急行の河原町留置もありそうで、0:32着がそのまま1号線留置になり、朝の快速3便の予感。
快速3便で河原町をでたら、そのまま一日中走って、23:47に梅田2号留置になりそうな予感。
つまり、山陽電鉄の特急車のように3日にまたがる運用ができそうな予感。
ええと、こんなもんか。
設計段階で3ドアにしたのは、吉と出たようで、今回から、通勤特急→快速急行、もしくは、その逆
という運用もあるみたいです。
あとは、これまでと同じように、快速急行の間合いで準急と早朝深夜の普通にも使われているみたいです。

現在、11編成に対して、運用が10ありますから、故障や、事故が発生したら、すぐに115キロ対応車両が代走するのでしょう。
しかし、あの9300系の故障と事故の多さには、まったくびっくりです。
私が知っているだけでも、故障が2件。9304だったかな、デビュー当日に床下から異音がして、まさかの梅田で車両交換。
それ以来、試運転を念入りにするようになりましたが。
それから、こちらは、9307だったか。速度計が上がらなくなったらしく、8315が通勤特急を代走。
出庫時点で故障が発生していたので、ダイヤには影響しませんでしたが。

そして、事故が多いのも難点。特筆すべきは9301で、2週間の間に3回?事故。
1回目の現場は知りませんが、2回目が崇禅寺~淡路のハラカイ踏切。
3回目は、梅田21:50発の快速急行のときで、ちょうど私は、横の宝塚線の急行に乗っていまして、
十三まで並走した覚えがあります。「これから、京都まで走るんか、頑張ってな!」と何気なしに心の中で
言ったのですが、まさか、京都まで到達せずに、正雀でピットイン、その後1カ月も出られなくなるとは。
あのときは、フロントガラスが割れ、たしか、ついでに検査もしたと。

何か、あのお面には、自殺者を引きよせるオーラのようなものがあるのでしょうか?
9301以外の編成にしても、大事には至っていませんが、事故を起こしていない編成の方が少ない…というか、
なかったかな?というぐらいなのです。謎です。
大学へいってから研究してみたいテーマでもあります。
個人的には、あのお面の盛り上がりかたと、背の高さが好きだったりするのですが。

ありゃ、気づいたら、かなりの量を書いてますね。
では、また明日。近畿輸送指令でした。Good Day!

2010年3月14日改正 阪急ダイヤグラム土休日版

本線土休1_convert_20100306144221
本線土日1
本線土休2_convert_20100306144243
本線土日2
本線土休3_convert_20100306144303
本線土日3
本線土休4_convert_20100306144321
本線土日4
本線土休5_convert_20100306144339
本線土日5
本線土休6_convert_20100306144358
本線土日6
本線土休7_convert_20100306144419
本線土日7
本線土休8_convert_20100306144436
本線土日8

こんにちは。近畿輸送指令です。
本線土日版が完成しましたので、あげておきます。続いて、千里線と嵐山線にかかりたいと思います。

土日は、ないものと思っていた富田退避ですが、21時台に1回だけありました。
総持寺や富田から高槻以遠の特急の停まらない駅に行く人が犠牲になるわけですが、こんな時間にそんな人はほとんどいないだろうという判断でしょう。

さて、このグラフの折り方なのですが、先日、公表しました平日版とあわせて解説します。
平日1の裏に土日8、平日2の裏に土日7、…という順番で平日8の裏に土日1を貼り合わせます。
その後、平日1の表紙の幅で、各紙を2段半に上下に入っている線のところで折っていくと完成です。
これで、屏風の形になります。

また、この前と同じように、Lineaを正確に転記しておりますが、ミスやら、縮尺の関係で、主要駅以外では、ずれていることがあります。
その点は、ご理解の上、ご使用ください。
では、また明日。近畿輸送指令でした。

銀河廃止からもうすぐ2年





どうも、こんばんは。近畿輸送指令です。
特にネタもなく、なにをかこうかと思ったのですが、銀河廃止から2年だなあと思って、書かせていただきました。
いまやすっかり、過去のものですね。
銀河には、なくなるということで、2008年2月23~24日に乗車しました。
銀河に乗るためだけに、わざわざ鈍行で東京入りし、東京駅滞在時間30分で改札もでずに折り返しました。

車内は、さすがに、廃止直前ということで、ほとんどが同業者でした。
東京を出たところでスーパーレールカーゴに抜かされ、熱海から沼津まで横になり、そこからずっと起きていました。
やがて、大垣から優等・貨物専用線に入り、関ヶ原へ。ちょうど雪が降っていて、ジワリジワリと遅れてきます。
それでも、動いてはいたのですが、ついに米原手前の踏切の上で停まってしまいました。
渡る人はいなかったので、別に問題ありませんでしたが、そのまま30分ほど停車。
米原からは、素直に走って、大阪には、75分遅れで到着。残念ながら、急行料金の払い戻しには、なりませんでしたが、
少しでも長く乗っていることができました。

では、また明日。近畿輸送指令でした。

阪急ダイヤ



こちらは、近畿輸送指令、呼ばれました方、列車番号からどうぞ~
はい、こんにちは。
最近、事故が多いですね。景気が悪いのか、3月だからか…
昨日は、JRの尼崎でレールの破断で、その後、大和路線でも、人身事故が2件。そのあと、のぞみ56号がギア故障。
今日は、朝から京阪が人身事故、そして、大阪環状線の大正で事故と、尋常じゃないような多さです。

まあ、それは、さておき。
今日は、風がきついので、伊丹空港発着便は、逆向きで飛んでいます。
はい?ああ、そんなことどうでもいいと。

では、本題。阪急のダイヤ改正ですが、スジは、見ていただけましたか?
今回、評価できる点は、梅田の通勤特急が2号線発になったこと。
以前は、快速急行に乗り遅れたお客様が、1号線へ階段を降りていくシーンをよく見かけたものでした。
これは、今回の改善点の一つかと思います。他には…あれ?思いつかない…
なんか、JRのほうも、減便だらけで、負の改正のイメージが強いです。
高速1000円の弊害なのか、本当に利用客が減っているのか。

では、指令室も忙しいので今日は、このへんで。また、明日。

阪急京都線10年3月14日改正ダイヤグラム

2010年3月14日改正の阪急京都線ダイヤグラム本線の暫定版が完成いたしましたので、ここに載せておきます。
回送、試運転、臨時および運番や、運用等は、未記入です。
改正後、これらを調査して、このグラフに反映し、再掲載したいと考えております。
なお、このダイヤグラムは、改正号Lineaを正確に転記したものですが、管理人のミスや抜け漏れがあるかもしれません。
ご理解ください。
平日本線1_convert_20100303212009
平日本線1
平日本線2_convert_20100303212043
平日本線2
平日本線3_convert_20100303212221
平日本線3
平日本線4_convert_20100303212313
平日本線4
平日本線5_convert_20100303212342
平日本線5
平日本線6_convert_20100303212415
平日本線6
平日本線7_convert_20100303212803
平日本線7
平日本線8_convert_20100303212845
平日本線8
以上です。しかし、まさか、富田退避というジョーカーをこんなにも使うとは…
では、また明日。

青森旅行復路


25日、26日と入試があり、まぁ、できるわけもなく…
ホテルは26日朝にチャックアウトしたので、行く場所もなく、弘前城を見に行きました。
意外と、小さかった。お堀が凍ってた…北国は、違いますねえ。

さて、その後、弘南鉄道の中央弘前駅を見て、(つうか、食堂みたいな駅ですね。)夕食へ。
夕食の後は、することもないので、駅へ。関西では、見られない車両ばかりなので、さっさと改札を通って、撮影。
やがて、時間も過ぎ、今宵の宿となる4002レが定刻に入線。

今日の牽引機は、トワガマの43号機でした。少しぶれましたが…
ほぼ、寝ずで朝の糸魚川に到着。そして、びっくり。すでに20人程度のひとだかり。
当然、みなさん北陸・能登がお目当て。
さらには、きたぐになどを撮影し、大糸線に乗車しようと、4番線に。
しかし、1両のディーゼルカーは、満載状態で、まさかの、駅員が応援に登場。
駅員氏:「平岩までのお客さんは、後ろの平岩行きにご乗車くださ~い」
誰も、聞くわけがなく…
どうやら、テツの皆さんに加えて、きたぐにからのスキー客も集中したようです。
なんとか、押し込んだ状態で南小谷へ。

半数ぐらいの客がそのまま折り返し、さらに、松本方面からの一番列車でもあるため、東京方面からイベントに参加する人たちも乗車。
途中の根知で、イベントのため代走のキハ58・28と交換。当初は、キハ120の予定だったようですが、試運転が間に合わなかったのかな?
そして、イベント。



予定よりも早く済ませたので、キハ58・28の代走も撮影できました。
運転士さんのご厚意により、幕まわしも行われ、東富山やら、越中八尾なんていう幕も見ることができました。
(撮影は、メインカメラにしたので、載せられません。すみません。)

最後に、帰ろうと思って、歩いていると、1番線奥の留置線にキハ120が。試運転幕(紙?)つきで、おりました。

これをもって、糸魚川から離れ、鈍行で富山へ。富山からサンダーバードに乗車すると、この日は、偶然にも、量産先行車が来ました。
3時間半後、列車は、量産先行車特有の大きなインバーター音を響かせながら、淀川を渡り、時間通り、大阪駅に到着、今回の旅は、終了しました。

こんばんは。
お久しぶりです。近畿輸送指令です。結構、更新しませんでして、すみません。
26日夜の日本海で青森県をたち、翌朝、糸魚川に。南小谷まで大糸線を1往復して、レンガ車庫のイベントに参加。
そのままサンダーバード28号で大阪に。梅田にてダイヤ改正版のリネアをもらって帰宅。
そして、昨日は、半日をダイヤに費やしました。現在、平日の河原町方面が終わり、梅田方面の昼前まできております。

阪急京都線の新ダイヤですが、あまり、いい評価は、できないような…出来栄えでした。
前回のダイヤでは、土日の朝に1本だけあった、富田退避が、大量発生。
そして、夕ラッシュの通勤特急と準急の速さが同じ…(停車駅は、2個少ないのに)
紙の上でも、すでに、つまりまくりそうなダイヤになりました。
さらに、パターンATSを導入したにもかかわらず、日中ダイヤもほとんど現行と変わらないようで、
115キロ運転で生まれたゆとりが、運転時間のゆとりになっているような感じでした。
これで、また、3年間やるのかといった心境です。

さて、6350も500系も終わってしまいましたが、(結局、撮りに行けず。)
旅行の写真をあげとこうかと思います。

まずは、23日大阪出発→東京~上野

この日の北斗星は、レインボーこと95号機でした。
つづいて、新宿へ。

なくなる予定の253系を撮影していると、後ろから259系が来て並んでくれました。
しかしながら、横に売店があり、どけるわけにもいかず、しかも、253の方が発車しようとしていたので、黄色の線の外側に出ることもできず…
結果、このような写真に。



つづいて、東北新幹線で八戸まで到達すると、常盤グリーンな車両が…
E5系でした。が、乗り換え時間が少なく、向こうのホームに停まっていたので、そっちに行って撮る時間がなく。
まぁ、お面は、営業運転だろうが、試運転だろうが変わらないので、側面幕をパチリ。

走って、走って、「つがる」に乗り換え、終点、弘前まで。
この日は、本当に、どこに行っても快晴で、最後の「つがる」が三沢駅手前で直前横断のために少し遅れた以外は、
まったく遅延せず、定刻に弘前に到着。


今日のところは、以上で。
復路は、また明日載せます。
近畿輸送指令でした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。